出産内祝いとは

子供が生まれると喜びやお祝い、感謝の気持ちなどを込めて親戚や友人、近所の方などへ配る物を“出産内祝い”と言います。身内や周囲の人間のみで行う行事だったため「内祝い」と呼ばれていますが、近年では「お返し」というように認識されて、出産祝いを頂いた方へのお返し=出産内祝いとして知られています。主にお宮参り前に出産祝いを贈ることが多く、その後お宮参りの後に出産内祝いを贈ります。昔はあった「出産をすると当然贈るもの」という認識はなくなりつつある中、出産祝いへのお返しと内祝いを分けて送っている方もいます。

一般的にのしをつけて「内祝」と「子供の名前」を書いて贈ります。命名した子の名前をお披露目する意味を込めていますが、最近では「当て字」など読み方の難しい子も多いので、よみがなをつけて書く方もいます。風習によって命名札をつける場合もあり、伝統的な行いを守っている方も多いので、出産内祝いの常識も人それぞれ違ってきます。

一般的に近年考えられている「お返し」の意味を込めたものであれば、貰った出産祝いの金額の約3分の1程度の品を贈るということが定番です。出産祝いは基本的に奇数字の金額で贈られるでしょうから、1万円なら4千円程度。3万円なら1万円程度の品です。記念品のような贈り物から、お菓子の詰め合わせなど一般的な物。最近の定番は名前の入ったカステラやお皿などオリジナルの内祝もあります。写真やメッセージカードを作って付けてくれる内祝ショップもあります。このサイトではそんな出産内祝いの定番商品やオリジナルの商品、内祝いサービスを展開しているショップをご紹介します。

Copyright © 2014 出産内祝いの定番 All Rights Reserved.